ツアー紹介

没後41 夏のメンフィスツア-レポ-ト

エルヴィスのお墓

猛暑の日本を離れ、今年も813日から20日までの間、エルヴィスの聖地メンフィスへのツアーを開催しました。

 期待に胸を膨らませた10名のお客様が元気に羽田に集い、何事もなくミネアポリスを経由してメンフィスに到着。

 空港からホテルに向かう車窓から「Elvis Presley Blvd」の文字を見つけるとわくわく感が倍増です。

 ホテルはもちろん「ザ・ゲストハウス・アット・グレイスランド」です。

ゲストハウスと聞くとずいぶんカジュアルな宿を想像する方もいると思いますが、アメリカでは「THE」が付くと高級な宿を指すんだそうです。おまけにエルヴィスの邸宅と同じ名前「グレイスランド」の名前が付いているのですから、これ以上のホテルはありませんね。

 この素敵なホテルを基地にして、皆さん行きたいときにグレイスランドに行き、それぞれに想いを馳せ、連日の魅力満載のオプションツアーに出かけます。

 前回、他社のメンフィス・テュペロのツアーに参加され、今回初めてセキスイトラベルのこのツアーに参加していただいたお客様からは「すでに他社ツアーで行ったので復習のつもりで参加したけど、行ってない所ばかりでびっくりしました。こんなに魅力的なエルヴィスの名所がたくさんあったなんて!そのうえ、丁寧に詳しい説明をしてもらいながら各地を回れるなんて。これはセキスイトラベルのエルヴィス愛の賜物なんですね。」と嬉しいお褒めの言葉を頂きました。

 毎年参加していただいても、毎年何かの発見があるツアーにしたいと思っていますのでオプションツアーや、ご紹介する飲食店も日々、勉強、研究、開発を重ねております。今年はピラミッドの夕陽を見ながらお食事を楽しんでいただく等、メンフィスの名店の味を堪能していただいたのですが、好評を頂き、スタッフ一同、嬉しく思っています。

 今年はエルヴィス没後41年という事で昨年のメモリアル・イヤーの大混雑に比べると混雑することなく、ずいぶん過ごしやすいウィークでした。

 ツアー参加者の皆さんのお名前を入れたお花もエルヴィスのお墓近くに飾らせていただき、エルヴィスとの距離が縮んだような気がしました。

 例年は夜を徹して行われるキャンドルライトヴァジルも数時間で終わり、スムーズにお参りも終わりました。昨年は早朝の4時までかかり、クタクタになってしまいましたので、皆さんの体力の温存が出来て本当に良かったです。

ウィーク最終日の「エルヴィス・イン・コンサート」は高音質大音響の新しい会場で行われ大満足の時間を過ごすことが出来ました。

エルヴィスの邸宅の周りはどんどん変化しています。エルヴィスを称える展示物も増え、目を見張るものばかりです。

まだ行っていない方はもちろん、ここ数年行ってない方も是非、年々進化しているエルヴィス・ワールドを体感するためにツアーにご参加ください。

 

キャンドルヴァジル
エルヴィスインコンサート
テュペロの銅像
アーケード